手洗い新聞特派員登場!

8/1、当社名古屋工場に、「手洗い新聞特派員」が登場しました!
日本ユニセフ協会主催の「世界手洗いの日」プロジェクトの企画に応募してくれた6名の小学生とママたちです。

まずはじめに工場の紹介ビデオをご覧いただだき、いざ、工場内へ。

大量のトイレットロールが流れるラインをみて、「電車みたい!」と目をまんまるにさせる特派員もいました。

最後質問コーナーでは、
「なんで、ティシュは2枚重ねなの?」
「東ティモールでもトイレットペーパー使っているの?」
など、特派員からもママからもいろいろな質問をいただき、みんな熱心にメモしていました。
今から記事の出来上がりが楽しみです!

普段、何気なく使っているトイレットペーパーに、少しでも興味を持ってくれたらうれしいです。
いいうんちをして、手をしっかり洗って、健康な夏休みを送ろう!

 

DSCN0276.JPG

  集合写真.JPG

                                                               ©日本ユニセフ協会/2013

About This Blog

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフが東ティモールでの思い出やプロジェクトにかける想いなどを綴っていきます。

メンバー紹介

今 敏之

今 敏之

nepia 千のトイレプロジェクトリーダー。うんちを通して、世界のために何ができるだろうかを考え、本プロジェクトを立ち上げる。

斎藤 敬志

斎藤 敬志

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフ。日本でのうんち教室の実施に携わる。

大堀 栄子

大堀 栄子

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフ。2010年よりプロジェクトの一員となる。

高瀬 智子

高瀬 智子

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフ。ソトコトでのLohas/nepiaの連載を通じて、日本トイレ協会と出会う。

  • nepia 千のトイレプロジェクト
  • SHARE すべての人に健康を![NGOシェア]