視察1日目②

市場での休憩を終え、県庁を訪問。
現在の進捗状況や、感謝の言葉をたくさんいただき、保健知事からは、
「私たちの、よりよい生活の為に支援してくれるネピアにとても感謝しています。
そしてみなさんの訪問は住民によりよい刺激を与えることでしょう。
だいぶODF(屋外排泄根絶)宣言をしたエリアが増えたものの、まだ完全ではない。
また、水の供給がないエリアもたくさんあるので、拡大していきたい。」との言葉をいただきました。

次にエスタド村を訪問。
集会所には、たくさんの現地の方が集まっていました。
みなさん、私たちに「興味津々」の様子で、
特に子どもたちに至っては、私たちが到着するや否や、
大きな瞳をキラキラさせながら、近づいてきます!
なんて可愛いんだろう!!

しばらくして、ムービーカメラマンの山口さんがカメラを向けると
吸い込まれるように近づいてきて、すぐに大騒ぎ!

無邪気な子どもたちの笑顔は、自然と大人をも笑顔にしてしまう。
気づいたら、子どもたちを見ていた私まで、大笑いをしていました。。。


              集会所敷地内の建物   DSC_0536.JPG

              カメラに興味津々

DSC_0540.JPG

              もう大騒ぎ!

DSC_0544.JPG視察の詳細はこちらで↓
http://1000toilets.com/thisyear/report01/day1.html

視察1日目①

視察の報告が、すっかり間隔があいてしまいました。。が、続きをご紹介します。


東ティモール滞在2日目。いよいよ視察が始まります。
この日の視察先は、まずはエルメラ県にあるグレノという、エルメラ県の県庁所在地です。

向かう途中、とても賑やかな市場を発見。思わず車を止めて、立ち寄りました。
日用品から食材まで、あらゆるモノが並び、大勢の人たちが集まっていました。
活気あふれる、本当に賑やかな空間でした。

DSC_0525.JPG

DSC_0527.JPG

DSC_0528.JPG


 

About This Blog

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフが東ティモールでの思い出やプロジェクトにかける想いなどを綴っていきます。

メンバー紹介

今 敏之

今 敏之

nepia 千のトイレプロジェクトリーダー。うんちを通して、世界のために何ができるだろうかを考え、本プロジェクトを立ち上げる。

斎藤 敬志

斎藤 敬志

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフ。日本でのうんち教室の実施に携わる。

大堀 栄子

大堀 栄子

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフ。2010年よりプロジェクトの一員となる。

高瀬 智子

高瀬 智子

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフ。ソトコトでのLohas/nepiaの連載を通じて、日本トイレ協会と出会う。

  • nepia 千のトイレプロジェクト
  • SHARE すべての人に健康を![NGOシェア]