メッセージに感謝です!

みなさん、メッセージいただき本当にありがとうございます!!

たくさんたくさんのメッセージ!もちろん1件1件拝見させていただいております。

小学生から80歳代の方まで、幅広~い世代の方々にご意見・ご感想をいただき、スタッフ一同感無量です・・。

 

ところで最近、みなさんのまわりで風邪やインフルエンザが流行っていませんか?正しい手洗い・うがいをすることでだいぶ防げるようです。

実は石けんで手を洗うことは、世界の子どもたち、特に衛生環境の整っていない途上国の子どもたちにとっては、下痢や風邪などの感染症を防ぐための一番簡単で、最も効果的な方法であると言われています。石けんを使って正しく手洗いが行われたら、100万人以上の子どもたちの命が救えるといわれているそうです。

東ティモールでも「nepia 千のトイレプロジェクト」を通じて子どもたちが学んだ「衛生」が、国全体に広がりつつあるようです。うれしい事ですね!

私たちも手洗い・うがいを習慣づけ、寒い冬をのりきりましょう!

    おいしい![nepia千のトイレPJ 今 敏之]

料理.jpg           村でご馳走になる昼食です!GOSTU(ゴストゥ)=おいしい

CLTSアプローチ[nepia千のトイレPJ 今 敏之]

     Community Led Total Sanitation アプローチ。バングラディシュの

     カマール・カールさんと言う方が考案した従来と異なる支援方法です。

     本年からこの方法でユニセフも、nepia千のトイレPJも東ティモールで

     活動しております。CLTSとは何もあげない支援アプローチです。「何も

     あげない?」のに支援?とは・・・。従来千のトイレPJでは、村がトイレ

     作りに必要とされるマテリアル(簡易便器・コンクリート等)を提供して

     いました。これを提供せず村人自らの力と資産でトイレを作るというモ

     ノです。東ティモールに限らずこの方法で多くの途上国の衛生環境の

     改善スピードが増したと言う新しくすばらしいアプローチです。大切な

     のは、トイレが衛生上、村には必要なんだ!・・と強く思うことと、且つ、

     その態度変容や行動変容がもっとも大切となります。但し、これには

     促進者が必要となります。東ティモールの村人の心の動きや状況を

     見ながら、実際にプログラムを進行して行く人のことをファシリテータ

     ー(促進者)と呼びます。ファシリテーターの働きかけによって、参加

     者の本来的な学びが促進され、トイレ作りが進行していきます。これ

     にはもちろん、ファシリテーターの能力・経験が問われます。このファ

     シリテーターの能力開発や教育、さらには交通手段の確保等にお金

     が必要となり,nepia千のトイレPJは、ユニセフを通してこのアプローチ

     を応援しています。本年は昨年に比べこのアプローチで飛躍的に数

     多くのトイレが東ティモールに設置される見込みです。東ティモールの

     国が自立する日が近いことを願って、千のトイレプロジェクトは本年も

     実施中です。                          便所紙屋 今

はじめまして。大堀です。

みなさんはじめまして。こんにちは。

今年の7月より「千のトイレプロジェクト」メンバーに加わりました大堀栄子と申します。

だいぶ遅れてのご挨拶で・・・すみません。

この「千のトイレプロジェクト」の生みの親である、今さん、斎藤さん、高瀬さん。そして3年目を迎えることができるまでに育てて頂いた、日本全国のみなさんの想いをしっかり受け継ぎ、さらに「大きく!たくましく!」育つようサポートしていきたい!と鼻息荒く意気込んでおります!!

 

時が経つのは早いもので今年ももう12月。ついこないだ「寅」の年賀状を書いたばかりのような気がするのですが・・。そんなこんなでいよいよキャンペーンもラスト1ヶ月となりました。みなさん!よかったら「千のトイレプロジェクト」にご参加下さい!!

 

About This Blog

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフが東ティモールでの思い出やプロジェクトにかける想いなどを綴っていきます。

メンバー紹介

今 敏之

今 敏之

nepia 千のトイレプロジェクトリーダー。うんちを通して、世界のために何ができるだろうかを考え、本プロジェクトを立ち上げる。

斎藤 敬志

斎藤 敬志

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフ。日本でのうんち教室の実施に携わる。

大堀 栄子

大堀 栄子

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフ。2010年よりプロジェクトの一員となる。

高瀬 智子

高瀬 智子

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフ。ソトコトでのLohas/nepiaの連載を通じて、日本トイレ協会と出会う。

  • nepia 千のトイレプロジェクト
  • SHARE すべての人に健康を![NGOシェア]