『昨日みたバスに乗って』小林紀晴さん著 《高瀬智子》

今日、小林紀晴さんから、本が届きました。

『昨日みたバスに乗って』(講談社)、11月5日に発売なったばかりの新刊です。

これまでに『群像』や『小説現代』に掲載された短編小説が収録されているそうです。

 

091112本.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小林紀晴さんは、「nepia 千のトイレプロジェクト」のメインとなる写真を撮っていただいている【写真家】さんです。もちろん、他にも、某ビールの広告や雑誌など、写真家さんとして、大活躍されています。

でも一方、【小説家】でもあります。

(むしろ、ワタシの中では小説『ASIAN JAPANESE』の印象が強烈で、昨年、このプロジェクトでご一緒するまで、「小説家小林紀晴さん」と認識していました。)

 

小林紀晴ファンのみなさんに、ちらっと本文の抜粋をご紹介しちゃいます。

「かつて、旅先で旅人(多くは日本人)に出会うことを心底欲していた時期がある。

二十代半ばの頃のことだ。

旅人ばかりあつまる宿に泊まり、多くの人に出会った。

時に自分がいる国とか場所よりも、

そうした出会いにこそ旅の意味を見いだそうとした。

しかし、いまは安宿に泊まることはないし、

むやみやたらに会って話すこともない。」

 

ね、この文章、特に『ASIAN JAPANESE』ファンには、たまらないですよね。

 

紀晴さん、ありがとうございます。ファンを代表して、お礼を言わせてください。

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

About This Blog

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフが東ティモールでの思い出やプロジェクトにかける想いなどを綴っていきます。

メンバー紹介

今 敏之

今 敏之

nepia 千のトイレプロジェクトリーダー。うんちを通して、世界のために何ができるだろうかを考え、本プロジェクトを立ち上げる。

斎藤 敬志

斎藤 敬志

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフ。日本でのうんち教室の実施に携わる。

大堀 栄子

大堀 栄子

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフ。2010年よりプロジェクトの一員となる。

高瀬 智子

高瀬 智子

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフ。ソトコトでのLohas/nepiaの連載を通じて、日本トイレ協会と出会う。

  • nepia 千のトイレプロジェクト
  • SHARE すべての人に健康を![NGOシェア]