東ティモールの変化 (交通篇) 《高瀬智子》

1年ぶりに訪れた東ティモール。

たくさんの変化がおこっていました。

今日は「交通篇」。

 

まず空港に、なんと「タクシー」がいた!

しかも客待ちの!!

昨年、空港には、「UN」と大きく車体にかかれた4WDしかいませんでした。

国連職員を迎えに来た国連車両しかいなかったということです。

 

そして、ディリ市内の道路も、たくさんの黄色いタクシーが・・。

ちなみに、通訳の佐藤さんによると、タクシーにメーターはついておらず、ディリ市内は一律1USドル、郊外に行くときには、価格交渉をするそうです。

IMG_9491.JPG 

 

 

 

 

それから、バイクは、ヘルメットをかぶっていました。

廃墟となった建物の一階で、ヘルメットを売るお店がたくさんありました。

 

ヘルメットをかぶらなければいけない交通事情になったということなんでしょう。

たしかに、車両の数が増えた気がします。

昨年は、ほんとに「UN」(国連関係)車しかいなかったけど、

今年は、普通の?乗用車の割合がとても高くなっています。

 

国は、確実に発展をしています。

でも、そのうち、公害問題とか、起こってしまうのでしょうか。

 

IMG_9493.JPG

トラックバック(0)

About This Blog

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフが東ティモールでの思い出やプロジェクトにかける想いなどを綴っていきます。

メンバー紹介

今 敏之

今 敏之

nepia 千のトイレプロジェクトリーダー。うんちを通して、世界のために何ができるだろうかを考え、本プロジェクトを立ち上げる。

斎藤 敬志

斎藤 敬志

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフ。日本でのうんち教室の実施に携わる。

大堀 栄子

大堀 栄子

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフ。2010年よりプロジェクトの一員となる。

高瀬 智子

高瀬 智子

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフ。ソトコトでのLohas/nepiaの連載を通じて、日本トイレ協会と出会う。

  • nepia 千のトイレプロジェクト
  • SHARE すべての人に健康を![NGOシェア]