帰ってきました。 《高瀬智子》

東ティモールから、帰ってきました。

 

たくさんの収穫があって、

何から書いていいのかわからないのが、いまの気持ちです。

 

ただ言えることは、

確実にこのプロジェクトによって、

笑顔が増えているということ。

 

昨年も訪れた「ファフィティ村」。

この村は、プロジェクトの支援によって、

トイレや給水施設が設置されました。

 

昨年と同じように、

私たちプロジェクトスタッフに、

歓迎のセレモニーで迎えてくれました。

 

そして、この学校のトイレ、

昨年は壊れて使えない状態だったのですが、

修復されて使えるようになっていました!

 

実は、この日、ちょっとお腹の調子が良くなくて、

早速、学校のトイレを借りようとトイレに行くと、

先生やトイレ建設に携わったNGOのスタッフなどが、

私にトイレや給水設備の説明を、

代わる代わるしてくださるのです。

 

とってもありがたいことなのですが、

トイレ、入りたいのです・・・。

 

トイレはやっぱり、大切な場所です。

 

0906ファフィティ村_1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

About This Blog

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフが東ティモールでの思い出やプロジェクトにかける想いなどを綴っていきます。

メンバー紹介

今 敏之

今 敏之

nepia 千のトイレプロジェクトリーダー。うんちを通して、世界のために何ができるだろうかを考え、本プロジェクトを立ち上げる。

斎藤 敬志

斎藤 敬志

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフ。日本でのうんち教室の実施に携わる。

大堀 栄子

大堀 栄子

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフ。2010年よりプロジェクトの一員となる。

高瀬 智子

高瀬 智子

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフ。ソトコトでのLohas/nepiaの連載を通じて、日本トイレ協会と出会う。

  • nepia 千のトイレプロジェクト
  • SHARE すべての人に健康を![NGOシェア]