TAP PROJECT  《高瀬智子》

TAP PROJECTって、知っていますか?

 

TAP PROJECTとは、

世界中の人々が「清潔で安全な水」を使えるよう、

ユニセフの活動を支援するプロジェクトです。

2007年にニューヨークで始まり、現在、世界各地で展開しています。

 

 3月22日の「世界 水の日」までの3日間、

このプロジェクトに参加するレストランにおいて、

無料でサーブされた水に対して100円もしくはそれ以上の寄付をお願いする活動を実施します。

100円があれば、1人の子どもが40日間、きれいな水を飲むことができます。

 

明日からの3日間、ワタシも協力したいと思います。

 

日本のレストランって、「お水」はタダですよね。

海外のレストランだと、お水のほうが、

ビールやワインより高いところもあるらしいし・・。

 

参加レストランなど、詳しい内容は、

WEBでご覧ください

 

About This Blog

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフが東ティモールでの思い出やプロジェクトにかける想いなどを綴っていきます。

メンバー紹介

今 敏之

今 敏之

nepia 千のトイレプロジェクトリーダー。うんちを通して、世界のために何ができるだろうかを考え、本プロジェクトを立ち上げる。

斎藤 敬志

斎藤 敬志

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフ。日本でのうんち教室の実施に携わる。

大堀 栄子

大堀 栄子

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフ。2010年よりプロジェクトの一員となる。

高瀬 智子

高瀬 智子

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフ。ソトコトでのLohas/nepiaの連載を通じて、日本トイレ協会と出会う。

  • nepia 千のトイレプロジェクト
  • SHARE すべての人に健康を![NGOシェア]