イケメン 《高瀬智子》

 

0425_11.jpg

 

プロジェクトのスタッフの斎藤さんは、普段、あまり笑いません。

 

そんな斎藤さんも、東ティモールの子どもたちとシーソーに乗ったときには、

笑っていました。みてください、この笑顔!

(「とげ」が刺さった、あの時です)

 

さて、

斎藤さんと反対側に乗っていた女の子たちに、

斎藤さんを指差しながら「イケメン!」と言ったところ、

女の子たちは楽しそうに、声を揃えて「イケメン」「イケメン」と言ってくれました。

 

しばらく「イケメン」と言っていましたが、

そのうち、その様子をそばで見ていた、

スタッフの谷中さんとワタシにも、

何かを言っています。

 

すると、現地のスタッフが訳してくれました。

谷中さんのことは「かわいい」。

ワタシのことは「きれい」。

とのことです。

 

つまり、「イケメン」という言葉が、形容詞だということが伝わったのです!

女の子たちが「イケメン=いい男」と理解してくれたかは、わかりませんが、

とにかく、気持ちが伝わって、とても嬉しかったです。

 

もちろん、「イケメン」と言われた斎藤さんは、とても嬉しそうでした。

それもあって、あんなに笑顔なのかもしれません。

 

(かなり余談ですが、以前、斎藤さんは、酔った同じ部署の後輩に

「うすっぺらいイケメン」と言われてました・・)

 

現地の子どもたちと、気持ちが伝わった、楽しいひとときでした。 

 

こちらは谷中さん↓

たしかに、東ティモールの女の子たちからみても「かわいい」かも。

 

0426_09.jpg

 

 

トラックバック(0)

About This Blog

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフが東ティモールでの思い出やプロジェクトにかける想いなどを綴っていきます。

メンバー紹介

今 敏之

今 敏之

nepia 千のトイレプロジェクトリーダー。うんちを通して、世界のために何ができるだろうかを考え、本プロジェクトを立ち上げる。

斎藤 敬志

斎藤 敬志

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフ。日本でのうんち教室の実施に携わる。

大堀 栄子

大堀 栄子

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフ。2010年よりプロジェクトの一員となる。

高瀬 智子

高瀬 智子

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフ。ソトコトでのLohas/nepiaの連載を通じて、日本トイレ協会と出会う。

  • nepia 千のトイレプロジェクト
  • SHARE すべての人に健康を![NGOシェア]