子どもの夢  《高瀬智子》

また、あんまり「nepia 千のトイレプロジェクト」に関係ない話題です。

 

赤塚不二夫さんが亡くなりました。

そして、思い出しました。

 

確か、中学3年生のとき、ワタシのあだ名は「トト子」でした。

由来は、「おそ松くん」のヒロインからつけられました。

 

その頃、「おそ松くん」のアニメがTVでOAされていて、

名前の「ともこ」からついたと思うのですが、

ある日から、「トト子」になっていました。

 

いま、「トト子」についてWikipediaで調べたら、

「大人しい割りに気が強く、怒らせると怖い」そうです。

あだ名の由来は、ここからも来ていたのかも知れない・・・。

 

さて、東ティモールの子どもたちは、

アニメを見たことが、漫画を読んだことがあるのでしょうか。

多分、ほとんどの子どもはないでしょう。

 

いつか、

「将来は、漫画家になりたい!」って夢見る子どもがたくさんいるような、

そんな国になってほしいと思います。

子どもが自由に漫画を見られる国って、

子どもが安心して暮らせる環境にあると思うから。

 

0425_21.jpg

トラックバック(0)

About This Blog

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフが東ティモールでの思い出やプロジェクトにかける想いなどを綴っていきます。

メンバー紹介

今 敏之

今 敏之

nepia 千のトイレプロジェクトリーダー。うんちを通して、世界のために何ができるだろうかを考え、本プロジェクトを立ち上げる。

斎藤 敬志

斎藤 敬志

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフ。日本でのうんち教室の実施に携わる。

大堀 栄子

大堀 栄子

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフ。2010年よりプロジェクトの一員となる。

高瀬 智子

高瀬 智子

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフ。ソトコトでのLohas/nepiaの連載を通じて、日本トイレ協会と出会う。

  • nepia 千のトイレプロジェクト
  • SHARE すべての人に健康を![NGOシェア]