結果報告

先日終了しました千のトイレキャンペーンでは、たくさんのみなさまのご協力で、13,759,866円をユニセフに寄付することができました。
これにより、2008年以来のプロジェクト寄付の総額は142,912,346円となり、ユニセフ東ティモール事務所による屋外排泄根絶の活動に生かされています。

また、今回も19,927件もの応援メッセージをいただきました。本当にありがとうございます。みなさんの声は、大きな大きな宝物です。

2015年度は諸事情により、東ティモールの現地視察を断念しましたが、2016年は実施を予定しています。東ティモールのみなさんにもぜひみなさんの声を届けたいと思います!

キャンペーン終了いたしました。

9年目を迎えた千のトイレプロジェクト。

1/31を持ちまして、無事終了いたしました。

今年もたくさんの方々にご参加いただき、本当にありがとうございました。

12/14 JICAにてご紹介させていただきました。

12/14、JICAさまよりお声がけいただき、千のトイレプロジェクトについてご紹介させていただきました。

当日は師走のお忙しい中、学生を中心に40名ほど足をお運びいただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

とても熱心に聞いてくださり、こちらとしても身が引き締まる思いでした。

多くの方に支えていただいております、このnepia千のトイレプロジェクト。ただいまキャンペーン実施中です!

東ティモールの子どもたちの笑顔につながります。

ご参加よろしくお願いいたします!

JICAスタッフのみなさま

今回、このような機会をいただき、ありがとうございました。

千のトイレプロジェクト2015キャンペーンスタート

11月1日より、9年目となる千のトイレプロジェクトキャンペーンがスタートしました。

これまで多くの方々のご参加により、東ティモールでは、9000を超えるトイレが完成し、子どもたちの死亡率改善にも大きく貢献しています。

本当にありがとうございます。

今年もティシュやトイレットペーパーのパッケージに、現地のかわいらしい子どもたちの写真を載せ、全国展開しています。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

a183d7e8e86e1611316afd22cece8222a294356f.jpgNPM150W.jpg

学生のみなさん!ありがとうございます!

千のトイレプロジェクトを応援していただいております、学生任意団体"1000StudentsClub"のみなさんが、プロジェクトの認知拡大のため、Instagramキャンペーンを開始しました。

王子ネピアのトイレットペーパーを通じて、私たち(買う人)と東ティモールの人たち(トイレを必要とする人)は繋がっている。
そんな想いからこの企画をはじめたそうです。

目標は1月末までに1000人!惜しくも目標投稿数までにはおよびませんでしたが、700弱の投稿が実現しました!すごい事ですね!本当にうれしいです!

キャンペーンが終了した現在も続行してますので、みなさんもぜひご参加ください!

よろしくお願いいたします。

【参加方法】

1)"ネピア"のトイレットペーパーを、写真の真ん中に横断させる。
2)Instagramで、ハッシュタグ『 # 1000papershot 』をつけて投稿。

1000PaperShot.jpg

About This Blog

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフが東ティモールでの思い出やプロジェクトにかける想いなどを綴っていきます。

メンバー紹介

今 敏之

今 敏之

nepia 千のトイレプロジェクトリーダー。うんちを通して、世界のために何ができるだろうかを考え、本プロジェクトを立ち上げる。

斎藤 敬志

斎藤 敬志

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフ。日本でのうんち教室の実施に携わる。

大堀 栄子

大堀 栄子

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフ。2010年よりプロジェクトの一員となる。

高瀬 智子

高瀬 智子

nepia 千のトイレプロジェクトスタッフ。ソトコトでのLohas/nepiaの連載を通じて、日本トイレ協会と出会う。

  • nepia 千のトイレプロジェクト
  • SHARE すべての人に健康を![NGOシェア]